切り出し小刀の鞘を作ってみる(徹底解説)その3(完成)

その1
その2

dsc_0131

カンナ(鉋)でかなり楕円形に仕上がりました。
普通の平鉋で楕円形に仕上げるコツは多角形に削っていくだけです。
やってみるとわりと簡単にできます。
神棚職人の神技には遠く及ばないけれど参考にしたりします。



究極の円形を目指すもよし、そこそこにするのも自由です。

因みに小刀製作所では鞘作りは一瞬(10秒くらい)で終わります。


dsc_0132

いい感じだ!
dsc_0133

急に自分のモノになったような感覚が押し寄せます。
サンドペーパーは100番を使ってザラザラ感を残しています。
後に塗装しますがグリップ感があっていいのです。
でもツルツルピカピカのほうがしっくりくる方もいるでしょうね。
そういう方は番手を上げていけば良いでしょう。
dsc_0134

dsc_0137

角は面取りします。
やらなくても問題はありませんが、ちょっとした優しさですね。

塗装はワシンを使用します

dsc_0138

寮の部屋は狭いので雑然とした中での塗装です。
他の寮の住人に気を使いながらやってます(直後に苦情がきました)。
dsc_0139

随分時間がかかりましたが完成です。
dsc_0142

鞘に目印の切れを入れていますが目印無しでも良いですし鞘と柄の繋ぎ目に象嵌みたいなマークをするのもアリです。
とにかく自由に鞘に仕込むと楽しいですよ!
今回は柄が少し長かったので後で切るかもしれません。

以上で今回の鞘柄仕込みを終わりたいと思います。