致命的なダメージを負った小刀



東大吉の横手小刀が大ハンマーの柄を削っている時に大きく欠けてしまいました。
ハンマーの柄は白樫を使っている場合が多いですが、白樫の硬いことには驚かされてしまいます。
今回の場合は鳥目杢が入った柄で杢の部分が恐ろしく硬くて気付いたら欠けていました。
東大吉小刀は強靭な硬さが自慢のはずでしたが歯が立ちませんでした。


このくらい欠けてしまうと手研ぎではなかなか直せるものではありません。

私がたびたびかいている東大吉小刀に対する不信感もありまして、なかなか研ぐ気になれないでいます。

「苦労して研いでも切れるようにならないんだろ?」

ってな感じです。
研ぎ下手なくせに何言ってんだこいつはって声が聞こえてきそうですが、自分の研ぎ技量を推し量る意味合いも込めてプロの研ぎを試してみようかと思っております。

プロの研ぎ上がりと自分の研ぎを比較してみようと思うのです。



何処に依頼しようか悩み中で、結果出たらまた報告致します。